ダイエット食品

太るは間違い!ベースブレッドで楽にダイエットできる理由とその方法

太るは間違い!ベースブレッドのダイエット効果3つと上手な食べ方

こんな疑問にお答えします

「ベースブレッドはダイエットに効果的?」

「どうやって食べるとうまく痩せられる?」

「どこで購入するのがお得?」

「置き換えダイエット」はご存知でしょうか?

ふだんの食事を、別の食品に置き換えて、カロリーをおさえるダイエット方法のことで、うまくやれば、高いダイエット効果が期待できます

ただし、置き換えダイエットには欠点もあって、選ぶ食品を間違うと「お腹が空いて続けるのがシンドい」ということです。たとえば、こんにゃく麺やスムージー、スープ系食品、プロテインなどがよく使われるのですが、どれも味気なくて、食後の満足感が少ないので、続けるのがツラいです。

あなたも挫折した経験はないでしょうか?

そこで、今回ご紹介したいのが「ベースブレッド(BASE BREAD)」です。

ベースブレッドとは、*1食で1日に必要な栄養素の1/3がとれる「完全栄養のパン」のことです。ずっしりして食後の満足感が高いので、置き換えダイエットを楽にしてくれます。そのうえ、味もおいしいので、飽きずにダイエットを続けることができます

(*栄養素等表示基準に基づき、脂質・飽和脂肪酸・n-6系脂肪酸・炭水化物・ナトリウム・熱量を除いて、すべての栄養素で1日分の1/3以上を含む)

AKB48元メンバーの指原莉乃さんは、こんなツイートをしています。

この記事では、ベースブレッドの「ダイエット効果」や「上手な食べ方」について、現役トレーナーが徹底解説しました

これを読んで、ダイエット・ボディメイクのお役に立ててもらえれば、うれしいです。

この記事を書いた人

せいじ(山崎政次)

せいじ

パーソナルトレーナー/ウェブメディア「ダイエットまっぷ」監修・執筆者/ダイエットコーチング「KeepS」運営/学生時代にスポーツ医科学を専攻し、アスレチック・フィットネストレーナーとして経験を積む。その後、留学などを経て独立/科学にもとづいたダイエット指導が強み/大阪生まれの30代/健康オタク

ベースブレッドとは?

ベースブレッドとは?
引用:BASE FOOD 公式サイト

ベースブレッド(BASE BREAD)とは、ベースフード株式会社が提供する「*完全栄養のパン」のことです。

ベースブレッドは、*1食で1日に必要な栄養素の1/3をとれるのが特徴です。全粒粉や大豆、昆布、チアシードなど、10種類以上の原材料をブレンドすることで、おいしさと高い栄養価の両方が実現されています

(*栄養素等表示基準に基づき、脂質・飽和脂肪酸・n-6系脂肪酸・炭水化物・ナトリウム・熱量を除いて、すべての栄養素で1日分の1/3以上を含む)

「いそがしい毎日でも、おいしくてからだにいいものを食べたい。」そんな想いから開発されました。

一般的なパンと比べて、ベースブレッドは糖質が低く、たんぱく質と食物繊維を豊富で、ダイエット・ボディメイクに適した栄養バランスになっています。

また、常温保存ができて、調理はいりません。忙しいときでもサクッと食べることができます

ベースブレッドでは、プレーン、チョコレート、メープル、シナモン、カレーの5種類の味が楽しめます。

2019年にはグッドデザイン賞を受賞しました。

また、ベースブレッドを含めた、BASE FOODシリーズは、2021年8月時点で累計販売数1,000万食を突破しています。

いま、とても注目が集まっている食品といえます。

\シリーズで累計販売数1,000万食を突破!/


公式サイトなら初回限定で20%OFF!3,820円 → 3,156円(送料・税込)

ベースブレッドのダイエット効果

ベースブレッドのダイエット効果
引用:BASE FOOD 公式サイト

手軽に栄養がしっかりとれるベースブレッドですが、ダイエットには効果的なのでしょうか?

結論からいえば、ベースブレッドはダイエットの強い味方になってくれる食品です。

ただし、ベースブレッドをたくさん食べれば痩せるという意味ではありません

食事をベースブレッドに置き換えることで、カロリーがおさえられて、その結果としてダイエットがうまくいくということです。

そのうえで、ベースブレッドへの置き換えダイエットには、次の3つのメリットがあります。

  • たんぱく質がしっかりとれる
  • 食物繊維がしっかりとれる
  • 糖質を低くおさえられる

それぞれ解説していきます。

たんぱく質がしっかりとれる

ベースブレッドには、植物由来のたんぱく質が豊富で、1食(2個)あたり27gが含まれています。

 たんぱく質/1食(2個)
ベースブレッド(プレーン)27g

(参考:BASE FOOD 公式サイト)

たとえば、鶏肉1食分(100g)のたんぱく質は約20gです。比べると、ベースブレッドのたんぱく質が豊富なことがわかります。(参考:文部科学省 食品成分データベース

厚生労働省による「日本人の食事摂取基準」では、たんぱく質の1日の推奨量として、次のように定められています。(参考:厚生労働省 日本人の食事摂取基準

  • 成人男性(~64歳):65g
  • 成人女性:50g

ベースブレッドを1食分(2個)食べれば、たんぱく質の1日の推奨量に対して、成人男性で42%、成人女性で54%をとれます。

たんぱく質を十分にとることがダイエットに効果的なのは、数多くの実証研究によって示されています。(根拠論文:A high-protein diet for reducing body fat: mechanisms and possible caveatsThe role of protein in weight loss and maintenance

たんぱく質で体重が落ちやすくなるメカニズムは、次のとおりです。

このように、たんぱく質はダイエットのための重要な栄養素です。

とくに、「たんぱく質で食欲が満たされる」のは重要です。ベースブレッドはたんぱく質が豊富なので、食後の満足感が高いです。この働きによって、置き換えダイエットを楽にしてくれます

食物繊維がしっかりとれる

ベースブレッドには、食物繊維が豊富で、1食(2個)あたりに6.2g含まれています

 食物繊維/1食(2個)
ベースブレッド(プレーン)6.2g

(参考:BASE FOOD 公式サイト)

厚生労働省による「日本人の食事摂取基準」では、食物繊維の1日の目標量として、次のように定められています。(参考:厚生労働省 日本人の食事摂取基準

  • 成人男性:21g
  • 成人女性:18g

ベースブレッドを1食(2個)食べれば、食物繊維の1日の目標量に対して、成人男性で30%、成人女性で34%をとれます。

たとえば、ロールパン1食(100g)だと、食物繊維は2gしかとれません。同じパンでも、ベースブレッドには食物繊維が多いことがわかります。(参考:文部科学省 食品成分データベース

食物繊維がダイエットに効果的なことは、数多くの研究によって実証されています。

論文

たとえば、1,114名の米国人を、5年にわたって調査した研究では、「積極的に食物繊維(水溶性)を食べた人は、そうでない人と比べて、内臓脂肪が7.4%低く、皮下脂肪も3.6%低くなる」ことが確認されています。

(根拠論文:Lifestyle factors and 5-year abdominal fat accumulation in a minority cohort: the IRAS Family Study

食物繊維がダイエットに効果的な理由には、次の4つがあります。

このように、食物繊維はさまざまな形でダイエットを助けてくれます。

とくに、たんぱく質と同じように、食物繊維は空腹をおさえてくれるので、置き換えダイエットをいっそう楽にしてくれます

食物繊維は一般的に不足しがちです。食物繊維が十分にとれるのは、ベースブレッドの大きなメリットの1つです。

糖質を低くおさえられる

ベースブレッドの糖質は低めにおさえられています。1食(2個)あたりの糖質は40.7gです。

 糖質/1食(2個)
ベースブレッド(プレーン)40.7g

たとえば、ロールパン1食(100g)の糖質量は46.6gです。同じ量で比べた場合、ベースブレッドの糖質量は36%も低いです。(参考:文部科学省 食品成分データベース

糖質はカラダに不可欠な栄養素ですが、とはいえ、とりすぎると血糖値を急激に上げて、体脂肪を増えやすくします。(参考:厚生労働省 e-ヘルスネット インスリンChanges in diet and lifestyle and long-term weight gain in women and men

また、糖質は「量」だけでなく「質」も大切です。たとえば、砂糖などの加工(精製)された糖質は、体内ですぐに吸収されるので、血糖値を上げやすく、太りやすいです。

これに比べて、ベースブレッドの糖質は「全粒粉」が主な材料なので、小麦粉のパン(白いパン)と比べて、加工が少ないです。また、食物繊維が豊富なので、糖質の吸収スピードは比較的ゆるやかになり、血糖値が上がりにくいです

つまり、ベースブレッドの糖質は、どちらかといえば太りにくいといえます。

実際、全粒粉の穀物がダイエットに効果的なことは、数多くの研究で実証されています。

論文

たとえば、2008年のイギリスの研究によれば、全粒粉の穀物とダイエットに関する15個の論文(合計119,829名が対象)を、まとめて詳しく分析したところ、「全粒粉の穀物(茶色い炭水化物)を食べる量が多い人は、そうでない人と比べて、BMIが低く、お腹まわりも細い」ことが確認されています。

(根拠論文:Whole-grain intake as a marker of healthy body weight and adiposity

まとめ

ベースブレッドは、食事と置き換えることで、カロリーをおさえて、ダイエットをすることができます

そのうえで、ベースブレッドへの置き換えダイエットには、次の3つのメリットがあります。

  • たんぱく質が豊富
  • 食物繊維も豊富
  • 糖質が低くおさえられている

とくに、たんぱく質と食物繊維は、食欲を満足させる働きが強く、空腹をおさえてくれるので、食事との置き換えを楽にしてくれます

長く続けられるので、ダイエットに成功しやすくなります。

\シリーズで累計販売数1,000万食を突破!/


公式サイトなら初回限定で20%OFF!3,820円 → 3,156円(送料・税込)

ベースブレッドのその他のメリット

ダイエットのほかに、ベースブレッドには次のようなメリットがあります。

  • 1食で26種類のビタミン・ミネラルがとれる
  • 合成保存料や合成着色料などは無添加だから安心

1食で26種類のビタミン・ミネラルがとれる

26種類のビタミン・ミネラルが含まれる
引用:BASE FOOD 公式サイト

ベースブレッドには、26種類のビタミン・ミネラルが含まれています。*1食分に必要な栄養素をすべてとることができます(*栄養素等表示基準に基づき、脂質・飽和脂肪酸・n-6系脂肪酸・炭水化物・ナトリウム・熱量を除いて、すべての栄養素で1日分の1/3以上を含む)

これだけの栄養バランスを自炊で実現しようとすると、なかなかむずかしいです。ふだん栄養バランスが崩れている方は、ベースブレッドを食べることで、手軽に栄養バランスを整えることができます。

合成保存料や合成着色料などは無添加だから安心

ベースブレッドには、合成保存料や合成着色料など、余計な添加物は使われていません

ベースブレッドは定期的に食べる主食なので、安心して食べられるのはうれしいです。

ベースブレッドのデメリット・注意点

ダイエットにメリットが多いベースブレッドですが、一方で、次のようなデメリット・注意点があります。

  • ふつうのパンと比べて、価格がやや高い
  • スーパーやコンビニでは購入できない
  • 間食として食べるにはカロリーが高い

ふつうのパンと比べて、価格がやや高い

ベースブレッドは、ふつうのパンと比べて、価格がやや高いです。

 価格
ふつうのパン100~200円
ベースブレッド312~450円

ベースブレッドの価格がやや高い理由は、全粒粉や大豆、昆布、チアシードなど「10種類以上の原材料」が使われているためです。また、栄養価とおいしさの両方を実現するための「開発や製造の費用」もかかると考えられます。

とはいえ、ベースブレッドは栄養価が高いので、それだけで食事の代わりになります。ですが、ふつうのパンであれば、おかずやサラダなどを組み合わせる必要があります。

トータルの費用でみれば、「ベースブレッド」と「ふつうのパンを含めた食事」の費用は同じぐらいか、ベースブレッドの方が安くなる場合もあるでしょう。

スーパーやコンビニでは購入できない

ベースブレッドは、スーパーやコンビニでは購入できません。(*関東の一部のコンビニを除く)

ベースブレッドを購入するためには、公式ウェブサイトやAmazon、楽天などインターネットを使って注文する必要があります。

後ほどご説明しますが、公式ウェブサイトから購入すると、割引があるのでもっともお得です。

間食として食べるにはカロリーが高い

ベースブレッドは主食です。1食(2個)で410kcalあります。1食分の食事としては、ほどほどのカロリーですが、間食やおやつとして食べるには、高カロリーといえるので、注意が必要です。

ダイエット・ボディメイクのためにベースブレッドを食べるときは、ふだんの朝食や昼食と置き換えて食べるのが基本です。おやつや間食として食べてしまうと、カロリーの取り過ぎで太る可能性があるので気をつけましょう。

ベースブレッドと一緒に何かを食べるなら、サラダやフルーツ、ヨーグルト(無糖)などにしておくと良いでしょう。または、ベースブレッドを0.5食(1個)だけにするなどして、うまく総カロリーをコントロールしましょう。

ダイエットに効果的なベースブレッドの食べ方

ダイエット・ボディメイクのためにベースブレッドを食べるときは、食事と置き換えるのが基本です。

ブレッド(パン)なので、朝食や昼食と置き換えるのがおすすめです。

ベースブレッドは、ずっしりとして食後の満足感が高いです。1食(2個)で410kcalあって、たんぱく質と食物繊維も豊富で、十分に食事の代わりになるからです。食事をベースブレッドに置き換えたからといっても、お腹は空きにくいといえます

むしろ、ベースブレッドに置き換えることで、食欲を満たしながら(空腹を防ぎながら)、摂取カロリーをコントロールすることができるので、楽にダイエットできることが多いです

もし、ベースブレッドと一緒に何かを食べるなら、サラダやフルーツ、ヨーグルト(無糖)などが合わせてやすくて、ダイエットに効果的なのでおすすめです。もしくは、ベースブレッドを0.5食(1個)にして、軽食と組み合わせるのもアリです。

ベースブレッドを食べる頻度ですが、私は週に2〜3食を目安にすることをおすすめしています。あくまで目安ですので、好みやライフスタイルに合わせて、調整してみてください。

ベースブレッドの価格・購入方法

ベースブレッドの価格・購入方法
引用:BASE FOOD 公式サイト

ベースブレッドは、公式ウェブサイト から購入することができます。

購入方法には、セット購入と単品購入の2つがあります。初めて購入される方は、初回20%OFFになる「セット購入(スターターセット)」がおすすめです。

価格は次のとおりです。

セット購入

スターターセット(*継続コース)
パン8食セット3,820円 → 3,156円(送料・税込)

初回は20%OFFの3,156円2回目以降は10%OFFの3,488円で購入できます。

*継続コースですが、1回目のお届けが終わったあとに、いつでも解約ができます

パン8食セットの内容

  • ベースブレッド(プレーン) 2食(4袋)
  • ベースブレッド(チョコレート) 2食(4袋)
  • ベースブレッド(メープル) 2食(4袋)
  • ベースブレッド(シナモン) 2食(4袋)
  • 無料プレゼント:ベースクッキー(アールグレイ) 1袋

単品購入の価格は、次のとおりです。セット購入と比べて、やや割高になります。

単品購入/1食(2袋)

 継続コース1回のみ購入
プレーン312円(税込)390円(税込)
チョコレート328円(税込)410円(税込)
メープル344円(税込)430円(税込)
シナモン344円(税込)430円(税込)
カレー360円(税込)450円(税込)
送料500円(税込)

*単品は8食から購入が可能です

たとえば、チョコレート味8食を1回のみで購入した場合、3,780円(送料・税込)になります。

なお、Amazonや楽天からも購入できますが、初回割引がありませんので、割高になります。初めて購入される方は、公式ウェブサイトから購入した方がお得です。

\シリーズで累計販売数1,000万食を突破!/


公式サイトなら初回限定で20%OFF!3,820円 → 3,156円(送料・税込)

まとめ

ベースブレッドは、ダイエットの強い味方になってくれる食品です。

その理由は、食事をベースブレッドに置き換えることで、カロリーがおさえられて、ダイエットがうまくからです

そのうえで、ベースブレッドへの置き換えダイエットには、次の3つのメリットがあります。

  • たんぱく質がしっかりとれる
  • 食物繊維がしっかりとれる
  • 糖質を低くおさえられる

とくに、たんぱく質と食物繊維は、食欲を満たす働きが強いので、置き換えダイエットを楽にしてくれます

ただし、間食として食べるには、カロリーが高いので注意しましょう。ベースブレッドはあくまで主食です。

ベースブレッドのダイエットに効果的な食べ方は、次のとおりです。

  • 食事と置き換えて、カロリーをおさえるのが基本
  • 朝食か昼食と置き換えるのがおすすめ
  • ベースブレッドで食欲を満足させながら、カロリーをコントロールする
  • 週に2~3食が目安

ベースブレッドは公式サイトから購入できます初めての方は、スターターセットが20%OFFで購入できるのでおすすめです。

効果的にダイエット・ボディメイクをしたい方、自炊の時間を減らしたい方や、食事管理中だけどパンを食べたい方など、ベースブレッドはさまざまな場面で役に立ってくれる食品です。ぜひ、食品生活にとりいれてみてください!

あなたのダイエットを強力にサポートする食品・サービスをご紹介

世の中にはたくさんのダイエット商品がありますが、本当に効果があるものは、数少ないです

ここでは、現役トレーナーである筆者が「本当におすすめできる!」と考えるダイエット食品・サービスを厳選してご紹介します。

置き換えダイエットをラクにするなら「ベースブレッド」

ベースブレッドとは?
引用:BASE FOOD 公式サイト

置き換えダイエット」は、うまくやれば、高いダイエット効果が期待できます。

ですが、置き換えダイエットにはデメリットもあって、選ぶ食品を間違えると「味気なくて、お腹も空いて、続けるのがツラい」ということです。たとえば、よく選ばれるのは、こんにゃく麺、サラダチキン、スムージーなど。

そこで、ご紹介したいのが「ベースブレッド」です。

ベースブレッドとは、1食で1日に必要な栄養素の1/3がとれる「完全栄養のパン」のことです全粒粉や大豆など10種類以上の原材料がブレンドされており、おいしいさと高い栄養価の両方が実現されています

ずっしりと食べごたえがあって、食後の満足感が高いので、置き換えダイエットをラクにしてくれます。そして何より、おいしいので、飽きずにダイエットを続けられます

こんにゃく麺、サラダチキンへの置き換えは「もうイヤ」という人にオススメです!

運動したいけど、ジムに行くのはめんどう?それなら自宅で「オンラインフィットネス」

オンラインフィットネスとは?

ジムに通うのは大変ですよね。まず、時間がとられます。

準備して、移動して、ジムで汗を流して、帰ってきて、トータルすると2~3時間はかかります

それから、料金も安くはありません。最近だと密も気になります

そこで、おすすめなのが「オンラインフィットネス」。

オンラインフィットネスなら徒歩0分部屋着・すっぴんでもOK日常のちょっとしたスキマ時間に、自宅でサクッと、人気インストラクターのレッスンが受けられます

ジムに通うのと比べて、料金もかなり安いです。また、人目を気にしなくていいので気楽です。

体型維持のためには、何かしらの運動習慣は不可欠です。

オンラインフィットネスを検討してみてはいかがでしょうか?

自炊を時短して、食べて痩せたいなら「ダイエットの宅配弁当」

ダイエットの宅配弁当とは?

ダイエットのために栄養バランスを考えて自炊をするのは簡単ではないですよね。忙しかったり疲れてたりしてて、自炊ができないときもあります。

でも、コンビニやスーパーのお弁当だと、どうしても高カロリー・高糖質・たんぱく質不足になりがちです。

そこで、おすすめなのが「ダイエットの宅配弁当」。

ダイエットの宅配弁当なら、「低カロリー・低糖質・高たんぱく」のお弁当を、レンジでチンするだけで食べられます。

メニューのバリエーションも豊富で、味もなかなか美味しいです。

自炊の時間を短縮させて、楽にダイエットしたい人にオススメです!


シェアで応援してもらえると励みになります!

おすすめ記事

太るは間違い!ベースブレッドのダイエット効果3つと上手な食べ方 1

ベースブレッドは栄養価が高く食べごたえがあるので、「太るかも?」と心配になるかもしれませんが、そんなことはありません。ダイエットの強い味方になってくれる食品です。この記事では、現役トレーナーがベースブレッドのダイエット効果を徹底解説しました。

自炊せずに食べてやせる!ダイエットの宅配弁当おすすめ8選 2

ダイエットに効果的な栄養・PFCバランスの食事が手軽に食べられる「ダイエットの宅配弁当」の人気が高まっています。この記事では「おすすめのダイエット宅配弁当8選」と「食べ方のコツ」をご紹介します。

食物繊維でやせる!おいしい野菜宅配サービスのおすすめ3選 3

ダイエットに野菜・食物繊維は不可欠です。しかし、ダイエットにお悩みの方はとくに食物繊維が不足しがちです。この記事では、野菜・食物繊維の不足を解消する方法として「おいしい野菜宅配サービス」をご紹介します。

ダイエットサプリで痩せるは嘘!大規模研究が示す結果は「痩せない」 4

ダイエットサプリメントは本当に効果があるのでしょうか?安全性は?最新の研究では、ダイエットサプリメントの安全性と効果については科学的根拠が不十分、とする結論がでています。この記事では、ダイエットサプリメントの実態について詳しく解説しました。

ここを選べば失敗しない!厳選おすすめのオンラインフィットネス3選 5

在宅の時間が増えるなか、自宅にいながらフィットネスのレッスンが受けられる「オンラインフィットネス」の人気が高まっています。この記事では、厳選したおすすめのオンラインフィットネスをご紹介します。

美容体重でどれだけスリムな見た目になれる?理想体重の決め方 6

あなたの身長だと、どこまで体重を減らせば見た目として理想的か?この記事では、スリムな見た目になる「美容体重」と「その計算方法」について詳しく解説しました。

-ダイエット食品