ベースブレッドで楽に置き換えダイエット!CLICK

ベースブレッドのカロリー・栄養素成分表まとめ|モリブデンも解説

ベースブレッドのカロリー・栄養素まとめ|他の食品とも比較
この記事でできること
  • ベースブレッドのカロリー・栄養素がサクッとわかる
  • ベースブレッドのカロリー・三大栄養素が、他の食品との比較でわかる
  • ベースブレッドのビタミン・ミネラルの一覧と特徴がわかる

この記事では、ベースブレッドのカロリーと栄養素をわかりやすく一覧でまとめました。

他の食品とも比較しながら、特徴を解説しています。参考にご活用ください。

ベースブレッドのダイエット効果については、こちらの記事で解説しています。

この記事を書いた人
せいじ(山崎政次)

せいじ

NSCA認定パーソナルトレーナー(国際資格)/ダイエットまっぷ運営・執筆者/ダイエットコーチングKeepS代表/学生時代にスポーツ医科学を専攻し、アスレチック・フィットネストレーナーとして経験を積む。その後、留学などを経て独立/大阪生まれの30代

当サイトの記事の感想を、ご自身のブログに書いてくれた方には、「無料でダイエットの相談&アドバイス」をさせていただきます(オンラインで1時間程度)。お問い合わせツイッターDMでご連絡ください。

もくじ(クリックで移動)

ベースブレッドのカロリー・たんぱく質・糖質・食物繊維・脂質

ベースブレッド1袋の「カロリー・三大栄養素」をまとめました。同じ主食の食パン・おにぎりと比較しています。

青線はベースブレッド5種類のなかでの最良値、赤線はその反対。

スクロールできます
栄養成分表示カロリーたんぱく質炭水化物(糖質)(食物繊維)脂質(n3系脂肪酸)(n6系脂肪酸)
ベースブレッドプレーン205kcal13.5g23.9g20.7g3.2g5.4g0.4g1.6g
ベースブレッドチョコレート255kcal13.5g29.3g25.9g3.4g7.8g0.4g1.9g
ベースブレッドメープル264kcal13.5g30.3g27.1g3.3g8.2g0.4g1.7g
ベースブレッドシナモン262kcal13.5g29.4g26.1g3.3g8.5g0.4g1.7g
ベースブレッドカレー253kcal13.5g28.4g24.7g3.6g10.2g0.7g2.0g
食パン1枚(60g)149kcal5.3g27.8g25.5g2.5g2.5g0.03g0.46g
おにぎり1個(120g)204kcal3.2g47.3g46.8g0.5g0.4g
参考:BASE FOOD 公式サイト、文部科学省 食品成分データベース

以下では、それぞれ簡単に解説していきます。

ベースブレッドのカロリー

カロリー
ベースブレッドプレーン1袋205kcal
ベースブレッドチョコレート255kcal
ベースブレッドメープル264kcal
食パン1枚(60g)149kcal
おにぎり1個(120g)204kcal
参考:BASE FOOD 公式サイト、文部科学省 食品成分データベース

ベースブレッド1袋のカロリーは、食パン1枚よりはやや高く、おにぎり1個とだいたい同じぐらいです。

ただし、ベースブレッドはそれだけで1食に必要な栄養素がとれますが、食パン・おにぎりは、おかずと合わせて食べないといけません。それを考えれば、ベースブレッドは低カロリーであることがわかります。

ベースブレッドのたんぱく質

たんぱく質は、筋肉・臓器・皮膚・毛髪などカラダの構成成分、ホルモン・酵素・抗体などカラダの調整機能成分になる重要な栄養素です。また、カラダのエネルギーにもなります。豆・卵・肉・魚などに多く含まれます。(参考:厚生労働省 e-ヘルスネット たんぱく質

たんぱく質
ベースブレッドプレーン1袋13.5g
ベースブレッドチョコレート13.5g
ベースブレッドメープル13.5g
食パン1枚(60g)5.3g
おにぎり1個(120g)3.2g
鶏肉1食(100g)20g
参考:BASE FOOD 公式サイト、文部科学省 食品成分データベース

ベースブレッドは、食パン・おにぎりと比べて、かなり高たんぱくです。

ベースブレッドを2袋(1食分)食べれば、たんぱく質27gなので、鶏肉1食(20g)よりも高たんぱくになります。

ベースブレッドの糖質

糖質は、たんぱく質・脂質と並んで、カラダのエネルギーになる栄養素です。カラダに不可欠なものですが、とり過ぎると体脂肪として蓄積され、太る原因になります。(参考:厚生労働省 e-ヘルスネット 炭水化物/糖質

糖質
ベースブレッドプレーン1袋20.7g
ベースブレッドチョコレート25.9g
ベースブレッドメープル27.1g
食パン1枚(60g)25.5g
おにぎり1個(120g)46.8g
参考:BASE FOOD 公式サイト、文部科学省 食品成分データベース

ベースブレッドは、おにぎり1個と比べて、かなり低糖質です。食パン1枚と比べても、ほぼ同じか、少し低い糖質量です。

ベースブレッドの食物繊維

食物繊維は、食べ物のなかに含まれ、人の消化酵素で消化できない物質のことです。整腸作用があり、また、糖・脂質・ナトリウムを吸収して体外に排出する働きがあるので、太るのを防ぐ効果が期待できます。カラダに有用な働きをするので、第6の栄養素と呼ばれることがあります。(参考:厚生労働省 e-ヘルスネット 食物繊維

食物繊維
ベースブレッドプレーン1袋3.2g
ベースブレッドチョコレート3.4g
ベースブレッドメープル3.3g
食パン1枚(60g)2.5g
おにぎり1個(120g)0.5g
納豆1パック(50g)3.4g
参考:BASE FOOD 公式サイト、文部科学省 食品成分データベース

ベースブレッドは、食パン・おにぎりと比べて、食物繊維が多いことがわかります。納豆1パックと同じぐらいの食物繊維がとれます。

ベースブレッドの脂質

脂質は、炭水化物・たんぱく質と並んで、カラダのエネルギーになる栄養素です。また、細胞膜の成分になったり、カラダのさまざまな働きを調整します。カラダに不可欠なものですが、とり過ぎると太りやすくなります。(参考:厚生労働省 e-ヘルスネット 脂肪/脂質

脂質(n3系脂肪酸)
ベースブレッドプレーン1袋5.4g0.4g
ベースブレッドチョコレート7.8g0.4g
ベースブレッドメープル8.2g0.4g
食パン1枚(60g)2.5g0.03g
おにぎり1個(120g)0.4g
参考:BASE FOOD 公式サイト、文部科学省 食品成分データベース

ベースブレッドの脂質は、食パン・おにぎりと比べると高いですが、1食としては高脂質ではありません

また、脂質のうち、ヘルシーな脂質であるn3系脂肪酸が含まれています。n3系脂肪酸には、生活習慣病を改善する働きがあります。(参考:厚生労働省 e-ヘルスネット 不飽和脂肪酸

  • シリーズ累計販売数1,000万食を突破!
公式サイトなら初回限定で20%OFF!

ベースブレッドのビタミン・ミネラル

ベースブレッド1袋の「ビタミンミネラル」をまとめました。

ベースブレッドは「完全栄養食」と呼ばれ、2袋(1食分)をとれば、26種類すべての栄養素で1日の基準値の1/3以上がとれるようにつくられています。(栄養素等表示基準値に基づき、脂質・飽和脂肪酸・n-6系脂肪酸・炭水化物・ナトリウム・熱量を除く)

※( )のパーセンテージは1日の基準値に対する割合。

栄養成分表示ベースブレッドプレーン1袋ベースブレッドチョコレート1袋
食塩相当量0.7g(10%)0.69μg(9%)
亜鉛1.6mg(18%)1.6mg(18%)
カリウム469mg(17%)469mg(17%)
カルシウム114mg(17%)114mg(17%)
クロム1.7μg(17%)1.8μg(18%)
セレン9.6μg(34%)9.6μg(34%)
1.4mg(20%)1.4mg(20%)
0.2mg(22%)0.2mg(22%)
マグネシウム68mg(21%)68mg(21%)
マンガン1.4mg(36%)1.4mg(36%)
モリブデン48.2μg(193%)48.2μg(193%)
ヨウ素25.4μg(20%)25.4μg(20%)
リン173mg(19%)173mg(19%)
ナイアシン8.5mg(66%)8.5mg(66%)
パントテン酸1.1mg(23%)1.1mg(23%)
ビチオン8.6μg(17%)8.6μg(17%)
ビタミンA176μg(23%)166μg(22%)
ビタミンB10.4mg(34%)0.4mg(34%)
ビタミンB20.3mg(20%)0.3mg(20%)
ビタミンB60.4mg(32%)0.4mg(32%)
ビタミンB120.4μg(17%)0.5μg(20%)
ビタミンC19mg(17%)19mg(17%)
ビタミンD1.2μg(23%)1.2μg(22%)
ビタミンE1.4mg(22%)1.4mg(22%)
ビタミンK26.5μg(18%)26.6μg(18%)
葉酸108μg(45%)108μg(45%)
引用:BASE FOOD 公式サイト

ベースブレッドプレーン

ベースブレッド栄養素:プレーン
引用:BASE FOOD 公式サイト

ベースブレッドチョコレート

ベースブレッド栄養素:チョコレート
引用:BASE FOOD 公式サイト
栄養成分表示ベースブレッドメープル1袋ベースブレッドシナモン1袋
食塩相当量0.7g(10%)0.7g(10%)
亜鉛1.6mg(18%)1.6mg(18%)
カリウム469mg(17%)470mg(17%)
カルシウム114mg(17%)121mg(18%)
クロム1.8μg(18%)1.8μg(18%)
セレン9.6μg(34%)9.6μg(34%)
1.4mg(20%)1.5mg(22%)
0.2mg(22%)0.2mg(22%)
マグネシウム68mg(21%)68mg(21%)
マンガン1.4mg(36%)1.4mg(37%)
モリブデン48.2μg(193%)48.2μg(193%)
ヨウ素25.4μg(20%)25.4μg(20%)
リン173mg(19%)173mg(19%)
ナイアシン8.5mg(66%)8.6mg(66%)
パントテン酸1.1mg(23%)1.1mg(23%)
ビチオン8.6μg(17%)8.6μg(17%)
ビタミンA171μg(22%)171μg(22%)
ビタミンB10.4mg(34%)0.4mg(34%)
ビタミンB20.3mg(20%)0.3mg(20%)
ビタミンB60.4mg(32%)0.4mg(32%)
ビタミンB120.5μg(20%)0.5μg(20%)
ビタミンC19mg(17%)17mg(17%)
ビタミンD1.2μg(22%)1.2μg(22%)
ビタミンE1.4mg(22%)1.4mg(22%)
ビタミンK26.6μg(18%)26.6μg(18%)
葉酸108μg(45%)108μg(45%)
引用:BASE FOOD 公式サイト

ベースブレッドメープル

ベースブレッド栄養素:メープル
引用:BASE FOOD 公式サイト

ベースブレッドシナモン

ベースブレッド栄養素:シナモン
引用:BASE FOOD 公式サイト
栄養成分表示ベースブレッドカレー1袋
食塩相当量1.21g(16%)
亜鉛1.8mg(21%)
カリウム467mg(17%)
カルシウム120mg(18%)
クロム2.2μg(22%)
セレン15.8μg(56%)
1.3mg(19%)
0.2mg(24%)
マグネシウム70mg(22%)
マンガン1.4mg(36%)
モリブデン46.8μg(187%)
ヨウ素24.1μg(19%)
リン167mg(19%)
ナイアシン7.6mg(59%)
パントテン酸1.1mg(23%)
ビチオン13.8μg(28%)
ビタミンA158μg(20%)
ビタミンB10.3mg(27%)
ビタミンB20.3mg(24%)
ビタミンB60.4mg(29%)
ビタミンB120.4μg(18%)
ビタミンC17mg(17%)
ビタミンD1.2μg(23%)
ビタミンE2.6mg(41%)
ビタミンK32.3μg(22%)
葉酸78μg(33%)
引用:BASE FOOD 公式サイト

ベースブレッドカレー

ベースブレッドカレー栄養素
引用:BASE FOOD 公式サイト

以下では、いくつか特筆すべき点を解説していきます。

モリブデンが多いがとり過ぎる心配はないか?

モリブデンは肝臓や腎臓、皮膚などに存在していて、たんぱく質や鉄の代謝に関与しています。(参考:厚生労働省 日本人の食事摂取基準 ミネラル

ベースブレッドはモリブデンが多く含まれますが大丈夫なのでしょうか?

モリブデン
ベースブレッドプレーン1袋48.2μg(193%)
ベースブレッドチョコレート48.2μg(193%)
ベースブレッドメープル48.2μg(193%)
ベースブレッドシナモン48.2μg(193%)
ベースブレッドカレー46.8μg(187%)
参考:BASE FOOD 公式サイト

モリブデンの1日の推奨量は次のとおりです。(参考:厚生労働省 日本人の食事摂取基準 ミネラル

  • 男性18~74歳:30μg(75歳以上:25μg)
  • 女性18歳以上:25μg

また、モリブデンの耐用上限量は次のとおりです。

  • 男性18歳以上:600μg
  • 女性18歳以上:500μg

このように、ベースブレッドのモリブデンは推奨量は超えますが、耐用上限量は大きく下回っているので、過剰摂取になる心配はありません

ナイアシンが多いがとり過ぎる心配はないか?

ナイアシンは、糖質、脂質、たんぱく質の代謝、エネルギー産生に関わっています。また、脂肪酸やステロイドホルモンの生合成、ATP産生、DNAの修復や合成、細胞分化など、幅広い反対にも関わっています。(参考:厚生労働省 日本人の食事摂取基準 ビタミン(水溶性ビタミン)

ベースブレッドはナイアシンの含有量がやや高めですが、大丈夫なのでしょうか?

ナイアシン
ベースブレッドプレーン1袋8.5mg(66%)
ベースブレッドチョコレート8.5mg(66%)
ベースブレッドメープル8.5mg(66%)
ベースブレッドシナモン8.6mg(66%)
ベースブレッドカレー7.6mg(59%)
参考:BASE FOOD 公式サイト

ナイアシンの1日の推奨量は次のとおりです。(参考:厚生労働省 日本人の食事摂取基準 ビタミン(水溶性ビタミン)

  • 男性18~49歳:15mg、50~74歳:14mg、75歳以上:13mg
  • 女性18~29歳:11mg、30~49歳:12mg、50~74歳:11mg、75歳以上:10mg

また、耐用上限量は次のとおりです。

  • 男性18~29歳:300mg、30~64歳:350mg、65歳以上:300mg
  • 女性18歳以上:250mg

ベースブレッドはナイアシンを多く含みますが、耐用上限量は大きく下回るので、過剰摂取になる心配はありません

セレンが多いがとり過ぎる心配はないか?

セレンは、肝臓や腎臓に含まれ、抗酸化作用で組織細胞の酸化を防いでいます。(参考:厚生労働省 日本人の食事摂取基準 ミネラル

セレン
ベースブレッドプレーン1袋9.6μg(34%)
ベースブレッドチョコレート9.6μg(34%)
ベースブレッドメープル9.6μg(34%)
ベースブレッドシナモン9.6μg(34%)
ベースブレッドカレー15.8μg(56%)
参考:BASE FOOD 公式サイト

セレンの1日の推奨量は次のとおりです。(参考:厚生労働省 日本人の食事摂取基準 ミネラル

  • 男性18歳以上:30μg
  • 女性18歳以上:25μg

また、耐用上限量は次のとおりです。

  • 男性18~74歳:450μg、75歳以上:400μg
  • 女性18歳以上:350μg

ベースブレッドのセレンはやや多めですが、耐用上限量は大きく下回るので、過剰摂取になる心配はありません

  • シリーズ累計販売数1,000万食を突破!
公式サイトなら初回限定で20%OFF!

まとめ

ベースブレッドのカロリーと栄養素のまとめでした。

ベースブレッドは1食(2袋)で、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上がとれます。(栄養素等表示基準値に基づき、脂質・飽和脂肪酸・n-6系脂肪酸・炭水化物・ナトリウム・熱量を除く)

三大栄養素は、食パンやおにぎりと比べて、高たんぱく質・低糖質・高食物繊維なので、健康やダイエットにすぐれています。

また、特定の栄養素を過剰摂取することはありません。安心して食べることができます。

ベースブレッドの原材料・添加物を確認したい方は、こちらの記事をご覧ください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA

もくじ
トップへ
もくじ(クリックで移動)
閉じる