やせる食事改善をプロに相談するCLICK

【太らないおやつ】ベースクッキーでダイエットができる3つの食べ方

【太らないおやつ】ベースクッキーでダイエットができる3つの食べ方
  • URLをコピーしました!
こんな疑問にお答えします

「ベースクッキーってダイエットに良いの?」

「どんなふうにベースクッキーを食べると痩せる?」

「ベースクッキーで太ることはない?」

手軽に栄養のベースを整えることがでいる「ベースクッキー」ですが、ダイエットには効果的なのでしょうか?

この記事では、現役トレーナーである筆者が、「ベースクッキーでダイエットができる食べ方」を丁寧に解説しました。

注意点として、ベースクッキーはただ単に食べるだけで、ダイエットができるわけではありません。間違った食べ方をすれば、太ることもありえます。

ダイエットにつながる正しい食べ方をお伝えしているので、ぜひ参考にしてみてください。

ベースクッキーの口コミ・評判を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

この記事を書いた人
せいじ(山崎政次)

せいじ

NSCA認定パーソナルトレーナー(国際資格)/ダイエットまっぷ運営・執筆者/オンラインダイエット指導 BeShape 代表/健康運動実践指導者/学生時代にスポーツ医科学を専攻し、有名実業団チームのトレーナーとして経験を積む。その後、留学などを経て独立/大阪生まれの30代/趣味は読書と旅行

オンラインダイエット指導の相談はこちらから

当サイト(ダイエットまっぷ)の記事を読んで、わかりにくいところや疑問点があれば、お問い合わせまたはツイッターDMでご連絡ください。できる限り回答させていただきます。

もくじ(クリックで移動)

ベースクッキーでダイエットができる3つの食べ方

おやつ代わりに食べるだけで、栄養のベースを整えることができる「ベースクッキー」ですが、うまく食べればダイエットにも効果的です。

ただし、ベースクッキーをただ単に食べれば痩せるわけではありません

ベースクッキーでダイエットができる食べ方には、次の3つのパターンがあります。

  • いつもの間食をベースクッキーに置き換えて「カロリー・糖質が減る」
  • 間食にベースクッキーを食べて「夕食のカロリーが減る」
  • 3食の一部をベースクッキーに置き換えて「カロリーが減る」

要するにいえば、ベースクッキーを食べることで、1日の摂取カロリーが減れば、痩せるということです。(参考:2017年論文

それぞれ解説していきます。

  • シリーズ累計販売数1,000万食を突破!
公式サイトなら初回購入は20%OFF!

いつもの間食をベースクッキーに置き換えて「カロリー・糖質が減る」

いつも間食(おやつ)を食べる方は、代わりにベースクッキーを食べることで、摂取カロリーを減らせることがあります。

次の表のとおり、一般的なお菓子と比べて、ベースクッキーはカロリー・糖質が低めです。(参考:文部科学省 食品成分データベース、各商品の公式サイト)

お菓子カロリー糖質
ベースクッキー(ココア)154kcal14.4g
一般的なビスケット※1179kcal21.4g
不二家 カントリーマアム※2168kcal22.0g※3
ブルボン アルフォート※4182kcal20.3g
森永 チョイス※5180kcal23.2g※6
ベースクッキー35gと同じ量で比較

※1 日本食品標準成分表2020年版のソフトビスケット(ベースクッキーと同じ35g)を参照
※2 35gあたり(ベースクッキーと同じ量)
※3 食物繊維の量は不明のため、炭水化物の量を表示
※4 35gあたり(ベースクッキーと同じ量)
※5 35gあたり(ベースクッキーと同じ量)
※6 食物繊維の量は不明のため、炭水化物の量を表示

このように、いつもお菓子を食べる方は、ベースクッキーに置き換えることで、カロリーを減らせる可能性が高いです。

また、カロリーだけでなく、ベースクッキーは糖質が比較的に低いです。さらにいえば、糖質のなかでも、太りやすい「砂糖・小麦粉」が少ないです。

一般的なお菓子は「砂糖・小麦粉」が主成分で、これらは血糖値を上げやすく、太りやすいです。けれど、ベースクッキーは「小麦全粒粉」が主成分で、「砂糖は少なめ」です。小麦全粒粉は、小麦粉と比べて、血糖値を上げにくいので、太りにくいです。(参考:2011年論文

このように、いつものお菓子をベースクッキーに置き換えれば、糖質・砂糖を減らせることでも、ダイエットにメリットがあります。

間食にベースクッキーを食べて「夕食のカロリーが減る」

ふだんは間食を食べずに、夕食をドカ食いする方であれば、間食にベースクッキーを食べることで、夕食のカロリーが減ってダイエットができることがあります。

なぜかというと、ベースクッキーはたんぱく質と食物繊維が豊富だからです。

たんぱく質と食物繊維には、食欲を満たす働きがあるので、空腹を防いでくれます。なので、夕食の量が自然とおさえられて、ダイエットにつながります。(参考:2013年論文2006年論文

ベースクッキーと一般的なお菓子のたんぱく質・食物繊維の比較は、次のとおりです。

お菓子たんぱく質食物繊維
ベースクッキー(ココア)7.8g2.6g
一般的なビスケット※12.0g0.5g
不二家 カントリーマアム※21.8g表示なし
ブルボン アルフォート※42.8g1.4g
森永 チョイス※52.4g表示なし
ベースクッキー35gと同じ量で比較

このように、ベースクッキーのたんぱく質と食物繊維はとても豊富です。

さらにいえば、砂糖が多い一般的なお菓子は、お腹が空きやすいです。なぜなら、砂糖は血糖値を急激に上昇させたあと、次は逆に血糖値を急激に下げるからです。

血糖値が急激に下ると、カラダはエネルギー不足と勘違いをして、空腹になる信号を出します。空腹になると、当然ながら摂取カロリーが増えて、太りやすくなってしまいます。

お菓子を食べたあと、1〜2時間経って、また急にお腹が空いた経験はないでしょうか?

ベースクッキーは砂糖が少なめなので、このように空腹になる心配はありません。逆に、たんぱく質と食物繊維の働きによって、空腹になりにくいです。

3食の一部をベースクッキーに置き換えて「カロリーが減る」

ベースクッキーは間食以外に食べるのもアリです。

たとえば、朝食や昼食の一部として食べることで、全体のカロリーが減れば、ダイエットにつながります

クッキーなので、個人的には朝食に合わせやすいと思います。「いつものパンを、ベースクッキーに置き換えてカロリーを減らしたり」、もしくは「朝食にベースクッキーを食べることで、昼食のカロリーをおさえたり」すれば、ダイエットができます。

  • シリーズ累計販売数1,000万食を突破!
公式サイトなら初回購入は20%OFF!

ベースクッキーで太る食べ方

ベースクッキーをうまく食べればダイエットができますがが、食べ方を間違えれば逆に太ることもあるので注意が必要です。

ベースクッキーで太るパターンはシンプルで、それは総カロリーが増えたときです。次のようなパターンが考えられます。

  • いつもの間食よりベースクッキーの方が高カロリーだったとき
  • 間食にベースクッキーを食べても、昼食や夕食の量が変わらないとき

いつもの間食よりベースクッキーの方が高カロリーだったとき

ベースクッキー1袋(ココア)は154kcalです。

もし、いつも食べている間食が154kcal以下であれば、ベースクッキーに置き換えることでカロリーが増えてしまいます。

少しのカロリー増加であれば、太るとまではいかないでしょうが、痩せることもありません

間食にベースクッキーを食べても、昼食や夕食の量が変わらないとき

ふだんは間食を食べない方が、昼食や夕食をいつもと同じ量食べながら、間食にベースクッキーを食べると、カロリーは単純にプラスになるので、太る可能性があります。

ベースクッキーで太らないためには、1日全体のカロリーが増えないように気をつけましょう。

とはいえ、ベースクッキーのメリットは腹持ちの良さにあるので、1日全体のカロリーをコントロールしやすくなります。なのでベースクッキーで太るケースは少なく、そこまで心配する必要はないといえます。

まとめ

ベースクッキーを食べることで、1日の総摂取カロリーが減れば、ダイエットにつながります。

逆に、ベースクッキーを食べて、1日の総摂取カロリーが増えると、太る可能性があります。

とはいえ、ベースクッキーは一般的なお菓子と比べて、低カロリー・低糖質です。また、たんぱく質と食物繊維が豊富なので、腹持ちが良いです。なので、1日のカロリーをコントロールしやすいので、太る心配は少ないといえます。

「ダイエット中だけど、なにか良いおやつはないかな?」とお考えでしたら、ベースクッキーはとてもおすすめです。

  • シリーズ累計販売数1,000万食を突破!
公式サイトなら初回購入は20%OFF!

やせる食事改善をプロに相談してみませんか?

当サイトを監修するトレーナーが、オンラインで「ダイエットの食事指導」をさせていただきます。

こんなお悩みをお持ちの方へ

  • 運動や食事制限はいつも3日坊主で終わってしまう
  • 食欲が抑えられなくてダイエットが続かない
  • 痩せてはリバウンドを繰り返して万年ダイエットをしてる

過度な食事制限はしません。「食事内容」と「栄養バランス」にこだわることで、満足感のある食事をしながら、カロリーをコントロールして体重を落としていくので、無理なく続けることができます。

また、全てがオンラインで完結するのでジムに通う必要はありません。ダイエットは食事が8割。運動は日常生活で無理なくできる範囲でOKです。

短期のストイックなダイエットではなく、2年後も3年後も続けられるダイエット習慣を身につけていただけます。

無料カウンセリングを実施していますので、まずはお気軽にご相談ください。

【太らないおやつ】ベースクッキーでダイエットができる3つの食べ方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

もくじ
トップへ
もくじ(クリックで移動)
閉じる