やせる食事改善をプロに相談するCLICK

ベースブレッドの原材料・添加物まとめ|体に悪いは本当?

体に悪いは本当?ベースブレッドの原材料・添加物まとめ
  • URLをコピーしました!
こんな疑問にお答えします

「ベースブレッドの原材料は何?」

「ベースブレッドに添加物は入ってる?体に悪くない?」

この記事では、ベースブレッドの原材料・添加物をわかりやすくまとめました

添加物については、市販の食品と比較しながら、体に悪いのかどうかを検証しています。結論からいえば、ベースブレッドの添加物は、市販の食品と比べて、かなり少ないです。

ベースブレッドを食べてみたいけど、原材料や添加物が気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

ベースブレッドのダイエット効果や痩せた口コミを知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。

この記事を書いた人
せいじ(山崎政次)

せいじ

NSCA認定パーソナルトレーナー(国際資格)/ダイエットまっぷ運営・執筆者/オンラインダイエット指導 BeShape 代表/健康運動実践指導者/学生時代にスポーツ医科学を専攻し、有名実業団チームのトレーナーとして経験を積む。その後、留学などを経て独立/大阪生まれの30代/趣味は読書と旅行

オンラインダイエット指導の相談はこちらから

ツイッター(@seijipttw)でも毎日ダイエット情報を発信中

当サイト(ダイエットまっぷ)の記事を読んで、わかりにくいところや疑問点があれば、お問い合わせまたはツイッターDMでご連絡ください。できる限り回答させていただきます。

もくじ(クリックで移動)

ベースブレッドの原材料まとめ

ベースブレッド5種類の原材料をまとめました。

ベースブレッドの主原料は「小麦全粒粉」です。全粒粉は、精製された小麦粉と比べて、食物繊維・ビタミン・ミネラルなどが豊富です。全粒粉でも足りない栄養素は、チアシード昆布などの栄養価の高い食材を加えてつくられています。

ベースブレッドのカロリー・栄養素を知りたい方は、ベースブレッドのカロリー・栄養素成分表まとめをご覧ください。

スクロールできます
原材料
ベースブレッドプレーン小麦全粒粉、小麦たんぱく、還元水飴、大豆粉(遺伝子組換えでない)、もち米、発酵種、鶏卵、ライ麦全粒粉、小麦胚芽、米ぬか、バター、食用こめ油、チアシード、パン酵母、米酢、食塩、小麦粉、海藻粉末、粉末油脂、真昆布粉末、サトウキビ抽出物、酵母
ベースブレッドチョコレートチョコレートフラワーペースト(ゼラチン・乳成分を含む)、小麦全粒粉、小麦たんぱく、還元水飴、大豆粉(遺伝子組換えでない)、もち米、発酵種、鶏卵、食用こめ油、ライ麦全粒粉、小麦胚芽、米ぬか、チアシード、パン酵母、米酢、食塩、小麦粉、海藻粉末、粉末油脂、真昆布粉末、サトウキビ抽出物、酵母
ベースブレッドメープルメープル味フラワーペースト、小麦全粒粉、小麦たんぱく、還元水飴、大豆粉(遺伝子組換えでない)、もち米、発酵種、鶏卵、ライ麦全粒粉、食用こめ油、小麦胚芽、米ぬか、チアシード、パン酵母、米酢、バター、食塩、小麦粉、海藻粉末、粉末油脂、真昆布粉末、サトウキビ抽出物、酵母
ベースブレッドシナモン小麦全粒粉、シナモンフィリング(砂糖、ショートニング、シナモンパウダー)、小麦たんぱく、還元水飴、大豆粉(遺伝子組換えでない)、もち米、発酵種、鶏卵、ライ麦全粒粉、食用こめ油、小麦胚芽、米ぬか、チアシード、パン酵母、はちみつ、米酢、バター、食塩、小麦粉、海藻粉末、粉末油脂、真昆布粉末、サトウキビ抽出物、酵母
ベースブレッドカレーカレー(国内生産)(小麦・卵・乳成分・牛肉・大豆・豚肉・りんごを含む)、鶏卵、小麦全粒粉、大豆粉(遺伝子組み換えでない)、小麦たんぱく、食用植物油脂、還元水飴、発酵風味液、もち米、米ぬか、乳たん白、砂糖、チアシード、米酢、食物繊維、ドロマイト、ターメリック、食塩、クミン、真昆布粉末、粉末油脂、酵母、サトウキビ抽出物
引用:BASE FOOD 公式サイト

以下では、主な原材料を解説していきます。

小麦全粒粉

ベースブレッドの主原料は「小麦全粒粉」です。

小麦全粒粉とは、小麦をまるごと粉にしたものです。皮や胚芽など、小麦を構成する成分をすべて含んでいるため、ビタミン類をはじめ、ミネラル・たんぱく質・食物繊維などの栄養素が、ふつうの小麦粉と比べて、多く含まれています。(参考:農林水産省 小麦粉の全粒粉とはどのようなものですか。

また、これと同様のもので、ベースブレッドには「ライ麦全粒粉」と「小麦胚芽」も含まれています。

せいじ

このような全粒穀物はダイエットに効果的です。

実際、2008年イギリスの研究では、全粒穀物(茶色い炭水化物)とダイエットに関する15個の論文(合計119,829名が対象)を、まとめて詳しく分析したところ、「全粒穀物(茶色い炭水化物)を食べる量が多い人は、そうでない人と比べて、BMI(肥満の指数)が低く、お腹まわりも細い」ことが確認されています。(根拠論文:Whole-grain intake as a marker of healthy body weight and adiposity

小麦たんぱく

ベースブレッドには「小麦たんぱく」が含まれます。

小麦たんぱくとは、小麦の粉末を加工して、たんぱく質の含有量を高めたもので、主原料(小麦)に由来するたんぱく質含有率が50%を超えたものをいいます。(参考:農林水産省 植物性たん白の日本農林規格

小麦たんぱくは「小麦グルテン」ともいいます。小麦粉に水を加えると、小麦粉中のたんぱく質「グルテン」の働きで粘りと弾力が増します。小麦グルテンは、パンの膨らみに欠かせない成分です。(参考:グリコ 粉末状小麦たん白

筆者は小麦全粒粉からパンをつくった経験がありますが、小麦全粒粉だけだとふつうのパンみたいにふんわり膨らみません。ベースブレッドがふつうのパンのように膨らんでいるのは、小麦たんぱくがあるからです。

大豆粉

ベースブレッドには「大豆粉」が含まれます。

大豆粉とは、大豆を粉末にしたものです。

大豆は、植物性たんぱく質、食物繊維が豊富なうえに低糖質で、ダイエットに理想の食材です。(参考:文部科学省 食品成分データベース

栄養成分国産大豆(全粒)100gあたり
カロリー372kcal
たんぱく質33.8g
糖質8g
食物繊維21.5g
脂質19.7g

なお、ベースブレッドの大豆粉は、遺伝子組み換えではありません。(参考:BASE FOOD 公式サイト)

もち米

ベースブレッドには「もち米」が使われています。

お米には「でんぷん」が含まれますが、でんぷんの成分には「アミロース」と「アミロペクチン」の2つがあります。アミロペクチンは水と一緒に加熱すると粘り気がでる性質があります。

ふつうのお米はアミロペクチンが80%ほどなのに対して、もち米はアミロペクチンがほぼ100%です。なので、もち米には強い粘り気があります。この粘り気のために消化酵素はなかなか入り込めず、もち米は分解(消化)に時間がかかります。なので、もち米は「腹持ちがいい」わけです。

(参考:東京農業大学 デンプンはブドウ糖うるち米ともち米

もち米が、ベースブレッドのもっちりした食感や、腹持ちのよさにつながっているということですね。

還元水飴

ベースブレッドには「還元水飴」が使われています。

還元水飴とは、「糖アルコール」という甘味料の1種です。砂糖と比べて、消化吸収されにくく、低カロリーという特徴があります。

おもに、和菓子のあんこやキャンディなどに使われています。

糖アルコールには、ソルビトールというものもあるのですが、これは食品添加物に分類されます。一方で、還元水飴は食品添加物には分類されません。なので、ソルビトールの代わりに、還元水飴が使われたりします。

(参考:農畜産業振興機構 砂糖以外の甘味料について

ベースブレッドでは、砂糖などの甘味料は使わずに、還元水飴を使うことでカロリーがおさえられています。

チアシード

ベースブレッドには「チアシード」が含まれます。

チアシードとは、メキシコ中部や南部原産の「チア」という植物の「種(シード)」のことです。

とても栄養価が高く、ヘルシーな脂質である不飽和脂肪酸・ビタミンB群・カルシウム・鉄分・マグネシウム・亜鉛などを豊富に含みます。(参考:米国農務省 Agricultural Research Service

ベースブレッドでは、チアシードを使うことで、高い栄養価を実現しています。

昆布

ベースブレッドには「昆布」が含まれます。

昆布は、食物繊維、鉄分、カルシウム、ヨウ素などが豊富に含まれます。(参考:文部科学省 食品成分データベース

ベースブレッドでは、主原料である小麦全粒粉ではカバーできない栄養素を、チアシードや昆布によって補っています。

ベースブレッドはグルテンフリーではない

ベースブレッドは小麦全粒粉を使っているので、グルテンフリーではありません。(参考:Chemistry of gluten proteins

公式サイトでは、次のように説明されています。

BASE FOOD®は、グルテンフリーではありません。
BASE FOOD®は栄養士や栄養学の教授など、専門家の指導を受けて商品を開発しています。グルテンアレルギーは日本人には非常に少なく、アレルギーのかた以外はグルテンフリーの効果はあまり認められないとも言われています。パンや麺類を食べて不調を感じないかたは、安心してお召しあがりください。

引用:BASE FOOD 公式サイト

また、公式ツイッターでは、次のようなツイートがありました。

\美味しく食べて健康的なカラダに/

公式サイトなら最安値の初回20%OFF!

ベースブレッドの添加物まとめ

ベースブレッド5種類の添加物をまとめました。

前提として、ベースブレッドには合成保存料や合成着色料などの余計な添加物は加えられていません。栄養を補うために一部ビタミン類が加えられてますが、サプリとしても普及している一般的なビタミンであり、安心して食べることができます。(参考:BASE FOOD ヘルプセンター)

そのうえで、ベースブレッドには次のような添加物が使われています。

添加物
ベースブレッドプレーン酒精、調味料(無機塩)
ベースブレッドチョコレート酒精、加工でん粉、調味料(無機塩)、香料、増粘多糖類、pH調整剤
ベースブレッドメープル酒精、加工でん粉、調味料(無機塩)、着色料(カラメル)、増粘多糖類、香料
ベースブレッドシナモン酒精、調味料(無機塩)、増粘剤(加工でん粉)、香料、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE)
ベースブレッドカレー膨張剤、酒精、調味料(無機塩等)、酸味料、着色料(カラメル、カロテノイド)、香辛料抽出物、香料
引用:BASE FOOD 公式サイト

ベースブレッドのプレーンは、添加物がたったの2種類だけです。

他のベースブレッドに含まれる添加物は、市販の菓子パンにもよく使われており、私たちがふだんから食べているものです。また、ベースブレッドの添加物は、市販の食品と比べてもかなり少ないです。

参考までに、市販の菓子パンには、次のような添加物が使われています。

添加物
薄皮チョコパン(ヤマザキ)加工デンプン、グリシン、糊料(増粘多糖類、アルギン酸エステル)、乳化剤、香料、保存料(ソルビン酸)、酸味料、酢酸(Na)、イーストフード、リン酸塩(Na)、V.C
薄皮クリームパン(ヤマザキ)発酵風味料、加工デンプン、乳化剤、糊料(増粘多糖類)、保存料(ソルビン酸K)、酸味料、イーストフード、V.C、香料、着色料(カロテノイド、V.B2)
高級ジャムパン(ヤマザキ)ゲル化剤(増粘多糖類)、乳化剤、加工デンプン、酸味料、紅麹色素、香料、イーストフード、リン酸Ca、酸化防止剤(V.C)、V.C
ケーキドーナツ(ヤマザキ)膨張剤、乳化剤、糊料(ペクチン)、酸化防止剤(V.E)、着色料(アナトー、V.B2)
各商品のパッケージを実際に確認

たとえば、市販のチョコパンは11種類の添加物が使われていますが、ベースブレッドチョコレートの添加物は6種類です。

添加物は体に悪いのか?

このような添加物はもちろん、少ないに越したことはありません。ですが、食べても安全なように、国によって厳格なルールが定められています。

厚生労働省は次のように説明しています。

食品添加物は、保存料、甘味料、着色料、香料など、食品の製造過程または食品の加工・保存の目的で使用されるものです。
厚生労働省は、食品添加物の安全性について食品安全委員会による評価を受け、人の健康を損なうおそれのない場合に限って、成分の規格や、使用の基準を定めたうえで、使用を認めています。
また、使用が認められた食品添加物についても、国民一人当たりの摂取量を調査するなど、安全の確保に努めています。

引用:厚生労働省 食品添加物

このように、食品添加物は厚生労働省によって指定されたものしか使えません。また、それぞれの食品添加物には基準値(一日摂取許容量)が定められており、それを下回る量しか添加できないので、安全性が確保されています。

厚生労働省による調査では、一般に販売されている食品の添加物は、基準値を大きく下回っていることが確認されています。(参考:厚生労働省 食品添加物の一日摂取量の調査

詳しくは、厚生労働省による食品添加物の解説をご確認ください。

せいじ

食品添加物は厚生労働省によって安全が確保されています。そのうえで、ベースブレッドは添加物をかなり少なくおさえているので、安心して食べられるといえます。

\美味しく食べて健康的なカラダに/

公式サイトなら最安値の初回20%OFF!

まとめ

ベースブレッドの原材料と添加物について解説しました。

ベースブレッドは、原材料に小麦全粒粉を使うことで高い栄養価を実現しています。また、足りない分の栄養素は、大豆粉、チアシード、昆布などの栄養価の高い食材で補われています。

また、ベースブレッドには合成保存料や合成着色料などの余計な添加物は使われていません。添加物は多少使われていますが、他の菓子パンと比べてとても少ないので、安心して食べられます。

やせる食事改善をプロに相談してみませんか?

オンラインダイエット指導 BeShape

当サイトを監修するトレーナーが、オンラインで「ダイエットの食事指導」をさせていただきます。

こんなお悩みをお持ちの方へ

  • 運動や食事制限はいつも3日坊主で終わってしまう
  • 食欲が抑えられなくてダイエットが続かない
  • 痩せてはリバウンドを繰り返して万年ダイエットをしてる

過度な食事制限はしません。「食事内容」と「栄養バランス」にこだわることで、満足感のある食事をしながら、カロリーをコントロールして体重を落としていくので、無理なく続けることができます。

また、全てがオンラインで完結するのでジムに通う必要はありません。ダイエットは食事が8割。運動は日常生活で無理なくできる範囲でOKです。

短期のストイックなダイエットではなく、2年後も3年後も続けられるダイエット習慣を身につけていただけます。

無料カウンセリングを実施していますので、まずはお気軽にご相談ください。

体に悪いは本当?ベースブレッドの原材料・添加物まとめ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

もくじ
トップへ
もくじ(クリックで移動)
閉じる