ダイエット方法

トレーナー監修|ダイエットにおすすめ6つの間食・おやつ

トレーナー監修|ダイエットにおすすめ6つの間食・おやつ

この記事でお答えする疑問

  • ダイエットにおすすめの間食・おやつを教えてほしい

この記事を書いた人

せいじ(山崎政次)

せいじ

パーソナルトレーナー/ウェブメディア「ダイエットまっぷ」監修・執筆者/ダイエットコーチング「KeepS」運営/学生時代にスポーツ医科学を専攻し、アスレチック・フィットネストレーナーとして経験を積む。その後、留学などを経て独立/科学にもとづいたダイエット指導が強み/大阪生まれの30代/健康オタク

ダイエット中で小腹が空いたとき、どんな間食・おやつを食べればいいのか、悩むことはないでしょうか?

この記事では、ダイエットにおすすめの「太りにくい間食・おやつ」を6つご紹介しています。

もし、あなたが「やせたいけど、お菓子をやめられない」とお悩みであれば、この記事で「おすすめの間食・おやつ」に置きかえてみてください。それだけで、体重はかなり落ちやすくなるはずです。

また、間食を上手に食べることで、夕食の食べすぎを防ぐこともできます。

間食をどのように食べるかは、ダイエットに大きく影響します。ぜひこの記事を参考にしてみてください。

間食・おやつでダイエットがうまくいく

間食を上手にとれば、痩せやすくなります。次のような理由からです。

  • 食べすぎを防ぐことができる
  • ダイエットを無理なく続けられる

たとえば、お昼ごはん以降は何も食べずに、夜ご飯をドカ食いしてしまうことはないでしょうか?

このような食べ方はとても太りやすいです。なぜなら、夕食後はあと寝るだけなので、余ったエネルギーが体脂肪に変わりやすいからです。

間食は、このような食べすぎを防いでくれます。

せいじ
とくに、夜ごはんの時間が遅くなりがちな人にとっては、間食をどう食べるかはきわめて大切です。

また、「太りにくい間食・おやつ」を食べることで、お菓子をやめることができます。砂糖を大量に含むお菓子はやはりとても太りやすいです。お菓子をやめることができれば、体重はかなり落ちやすくなります。

さらに、間食は空腹のツラさを軽減し、ダイエットをラクにしてくれます

そもそも、おやつの時間にお腹が空くのは、カラダがエネルギーを必要としているからです。それを無理にガマンしても、ダイエットは長続きしません。3食の内容を見直したり、間食を上手にとることが大切です。

ダイエットに効くのは「低糖質な間食・おやつ」

もちろん、間食がダイエットの役に立つとはいえ、何でも食べてよいわけではありません。

では、どのような間食が良いかというと「低糖質な間食」です。

なぜなら、ヒトが太るおもな原因は「糖質のとりすぎ」だからです。低糖質な間食であれば、食べても太りにくいです。

「糖質のとりすぎ」で太るメカニズムは、次のとおりです。

糖質のとりすぎ → 血糖値が上がる → インスリンが分泌(すい臓) → 血糖(ブドウ糖)がカラダに取り込まれる → 血糖値が下がる → 余ったブドウ糖が体脂肪になる

(参考:厚生労働省 e-ヘルスネット インスリン

このように、糖質のとりすぎで「血糖値」が上がり「インスリン」が分泌されることで体脂肪は増えます。なので、インスリンは別名で「肥満ホルモン」と呼ばれることがあります。

せいじ
「血糖値」や「インスリン」はダイエットを考えるうえでの、大切なキーワードです。しっかりおさえておきましょう。

逆にいうと、低糖質の食べものは、血糖値を上げず、インスリンの分泌も少なく、体脂肪も増えにくい、ということです。

ダイエットにおすすめ6つの間食・おやつ

それでは、おすすめの間食・おやつをご紹介します。次の6つです。

  • ナッツ
  • 豆乳(無調整)
  • ヨーグルト(砂糖無添加)
  • チーズ
  • ゆで卵
  • ダークチョコレート(カカオ70%以上)

それぞれ解説していきます。

ナッツ

ナッツがおすすめの理由

  • 糖質が少ない
  • 高たんぱく
  • ヘルシーな脂質の「不飽和脂肪酸」が豊富
  • ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富

ナッツは低糖質なので太りにくいです。また、たんぱく質とヘルシーな脂質が、食欲をしっかり満たしてくれます。食物繊維も腹持ちをよくしてくれます。

このように、ナッツはダイエットの間食にぴったりといえます。なにより美味しいです。

実際に、ナッツを習慣的に食べることは体重の増加を防ぎ、長い目でみて体重の減少に役立つことが、複数の研究論文で報告されています。
(参考:Nuts and health outcomes: new epidemiologic evidence、参考:Long-term associations of nut consumption with body weight and obesity

食べ方

素焼き・無塩のものを選びましょう。アーモンドやくるみが入っているミックスナッツがおすすめ。1日に約30g(一握りぐらい)を目安に食べましょう。
(※ナッツにアレルギーがある方は注意してください。)

豆乳(無調整)

豆乳(無調整)がおすすめの理由

  • 低糖質
  • 高たんぱく
  • ヘルシーな脂質の「不飽和脂肪酸」を含む
  • 抗酸化物質の「大豆イソフラボン」を含む
  • ビタミン、ミネラルも含む

豆乳も低糖質で太りません。高たんぱくで、ヘルシーな脂質を含みます。冷蔵庫に入れておけば手軽に飲めるので、間食におすすめです。

また、豆乳には抗酸化物質である「大豆イソフラボン」が含まれており、美容やアンチエイジングへの効果が期待できます

食べ方

無調整のものを選びましょう。調整のものは糖質量が多くなります。

日本豆乳協会は1日に200~600mlを推奨しています。コップ1杯(約200ml)を目安にはじめてみるのがよいでしょう。(参考:日本豆乳協会 豆乳Q&A

ヨーグルト(砂糖無添加)

ヨーグルト(砂糖無添加)がおすすめの理由

  • 糖質が比較的少ない
  • たんぱく質と脂質をバランスよく含む
  • カルシウムが豊富
  • プロバイオティクスの「乳酸菌」が豊富

ヨーグルトは、糖質が比較的少なく、たんぱく質と脂質をバランスよく含むので、間食におすすめです。カルシウムがとれるのも良いところです。

また、ヨーグルトにはプロバイオティクスの「乳酸菌」が豊富なので、腸内環境を整えてくれます

食べ方

ヨーグルトは砂糖無添加のものを選びましょう。「100gあたり糖質7g以下」が目安です。砂糖の添加が多い、甘すぎるヨーグルトには注意してください。逆に太りやすくなります。

1日に100gぐらいを目安に食べましょう。(市販のものでちょうど1個100gぐらいです。)

チーズ

チーズがおすすめの理由

  • 低糖質
  • 高たんぱく、高脂質
  • ビタミン、ミネラルもバランスよく含む

チーズは低糖質で、その他の栄養素がバランスよく含まれています。少量でも食欲が満たされやすく効率のよい栄養補給ができるので間食にぴったりです。

食べ方

チーズには、ナチュラルチーズとプロセスチーズがあります。より自然な状態に近いナチュラルチーズを選びましょう。モッツアレラ、カマンベールなどいろいろな種類があります。

市販の6ピースに切られたチーズ(総量約100g)だと、2~3ピースを目安にとるのがよいでしょう。

ゆで卵

ゆで卵がおすすめの理由

  • 糖質はほぼゼロ
  • 高たんぱく質
  • ほぼすべての栄養素を含む(ビタミンCと食物繊維以外)

卵は、糖質ゼロ、高たんぱくであり、ダイエットには理想の間食といえます。また、卵は「完全栄養食品」といわれ、ビタミンCと食物繊維以外のすべての栄養素を含みます。

ゆで卵であれば、間食として食べやすく、コンビニにも売っているので便利です。

食べ方

1日に1~2個を目安に食べましょう。

ダークチョコレート(カカオ70%以上)

ダークチョコレート(カカオ70%以上)がおすすめの理由

  • 抗酸化物質であるポリフェノールが豊富
  • ふつうのチョコレートよりは低糖質

ダークチョコレートは低糖質というわけではないのですが、抗酸化物質のポリフェノールが豊富で、美容やアンチエイジングへの効果が期待できる、のでおすすめしています。間食として食べやすく美味しいので、コーヒーブレークの気分転換にもってこいです。

世界でもっとも長生きしたとされるフランス人女性のジャンヌ・カルマンさんは、1週間に1kgのチョコレートを食べていたというストーリーがあります。(参考:ウィキペディア(Wikipedia) ジャンヌ・カルマン

食べ方

ダークチョコレートとはいえ、糖質量はそれなりにあるので食べすぎには気をつけましょう。1日25gぐらいが目安です。カカオ70%以上で、より品質の高いヨーロッパ産のオーガニックがおすすめです。

まとめ

  • 間食・おやつでダイエットはうまくいく
  • ダイエットに効くのは「低糖質な間食・おやつ」

お読みいただきありがとうございました。

あなたのダイエットを強力にサポートする食品・サービスをご紹介

世の中にはたくさんのダイエット商品がありますが、本当に効果があるものは、数少ないです

ここでは、現役トレーナーである筆者が「本当におすすめできる!」と考えるダイエット食品・サービスを厳選してご紹介します。

置き換えダイエットをラクにするなら「ベースブレッド」

ベースブレッドとは?
引用:BASE FOOD 公式サイト

置き換えダイエット」は、うまくやれば、高いダイエット効果が期待できます。

ですが、置き換えダイエットにはデメリットもあって、選ぶ食品を間違えると「味気なくて、お腹も空いて、続けるのがツラい」ということです。たとえば、よく選ばれるのは、こんにゃく麺、サラダチキン、スムージーなど。

そこで、ご紹介したいのが「ベースブレッド」です。

ベースブレッドとは、1食で1日に必要な栄養素の1/3がとれる「完全栄養のパン」のことです全粒粉や大豆など10種類以上の原材料がブレンドされており、おいしいさと高い栄養価の両方が実現されています

ずっしりと食べごたえがあって、食後の満足感が高いので、置き換えダイエットをラクにしてくれます。そして何より、おいしいので、飽きずにダイエットを続けられます

こんにゃく麺、サラダチキンへの置き換えは「もうイヤ」という人にオススメです!

運動したいけど、ジムに行くのはめんどう?それなら自宅で「オンラインフィットネス」

オンラインフィットネスとは?

ジムに通うのは大変ですよね。まず、時間がとられます。

準備して、移動して、ジムで汗を流して、帰ってきて、トータルすると2~3時間はかかります

それから、料金も安くはありません。最近だと密も気になります

そこで、おすすめなのが「オンラインフィットネス」。

オンラインフィットネスなら徒歩0分部屋着・すっぴんでもOK日常のちょっとしたスキマ時間に、自宅でサクッと、人気インストラクターのレッスンが受けられます

ジムに通うのと比べて、料金もかなり安いです。また、人目を気にしなくていいので気楽です。

体型維持のためには、何かしらの運動習慣は不可欠です。

オンラインフィットネスを検討してみてはいかがでしょうか?

自炊を時短して、食べて痩せたいなら「ダイエットの宅配弁当」

ダイエットの宅配弁当とは?

ダイエットのために栄養バランスを考えて自炊をするのは簡単ではないですよね。忙しかったり疲れてたりしてて、自炊ができないときもあります。

でも、コンビニやスーパーのお弁当だと、どうしても高カロリー・高糖質・たんぱく質不足になりがちです。

そこで、おすすめなのが「ダイエットの宅配弁当」。

ダイエットの宅配弁当なら、「低カロリー・低糖質・高たんぱく」のお弁当を、レンジでチンするだけで食べられます。

メニューのバリエーションも豊富で、味もなかなか美味しいです。

自炊の時間を短縮させて、楽にダイエットしたい人にオススメです!


シェアで応援してもらえると励みになります!

おすすめ記事

太るは間違い!ベースブレッドのダイエット効果3つと上手な食べ方 1

ベースブレッドは栄養価が高く食べごたえがあるので、「太るかも?」と心配になるかもしれませんが、そんなことはありません。ダイエットの強い味方になってくれる食品です。この記事では、現役トレーナーがベースブレッドのダイエット効果を徹底解説しました。

自炊せずに食べてやせる!ダイエットの宅配弁当おすすめ8選 2

ダイエットに効果的な栄養・PFCバランスの食事が手軽に食べられる「ダイエットの宅配弁当」の人気が高まっています。この記事では「おすすめのダイエット宅配弁当8選」と「食べ方のコツ」をご紹介します。

食物繊維でやせる!おいしい野菜宅配サービスのおすすめ3選 3

ダイエットに野菜・食物繊維は不可欠です。しかし、ダイエットにお悩みの方はとくに食物繊維が不足しがちです。この記事では、野菜・食物繊維の不足を解消する方法として「おいしい野菜宅配サービス」をご紹介します。

ダイエットサプリで痩せるは嘘!大規模研究が示す結果は「痩せない」 4

ダイエットサプリメントは本当に効果があるのでしょうか?安全性は?最新の研究では、ダイエットサプリメントの安全性と効果については科学的根拠が不十分、とする結論がでています。この記事では、ダイエットサプリメントの実態について詳しく解説しました。

ここを選べば失敗しない!厳選おすすめのオンラインフィットネス3選 5

在宅の時間が増えるなか、自宅にいながらフィットネスのレッスンが受けられる「オンラインフィットネス」の人気が高まっています。この記事では、厳選したおすすめのオンラインフィットネスをご紹介します。

美容体重でどれだけスリムな見た目になれる?理想体重の決め方 6

あなたの身長だと、どこまで体重を減らせば見た目として理想的か?この記事では、スリムな見た目になる「美容体重」と「その計算方法」について詳しく解説しました。

-ダイエット方法