その他

カロリーSlismでダイエット!効果的な活用方法4ステップ

カロリー計算ならSlism(スリズム)!ダイエットでの活用方法

こんな疑問にお答えします

「カロリーを計算できる便利なツールはない?」

「カロリーSlism(スリズム)って何?」

「カロリーSlism(スリズム)を、どうやってダイエットに活用したらいい?」

食品のカロリーを知りたいとき、どのように調べますか?

パッケージに入った食品であれば、裏側の食品成分表示を確認すればOKです。

ですが、手作りの料理や外食だと、カロリーを調べないといけません

多くの方はGoogleなどで検索されるのではないでしょうか?

ですが、知りたい食品が見つからなかったり、100gあたりのカロリーだけが表示されて、自分が食べている量のカロリーがわからないなど、かゆいところに手が届かないことも多いです。

そこで、おすすめのWebツールとして「カロリーSlism(スリズム)」があります。

カロリーSlismは、食品のカロリーや栄養成分が、サクッと知れるうえに、わかりやすい便利なツールです。

この記事では、「カロリーSlism」と「ダイエットへの活用方法」について、詳しく解説していきます。

カロリーSlism(スリズム)とは?

カロリーSlism(スリズム)
(引用:Slismウェブサイト)

カロリーSlism(スリズム)とは、食材・食品のカロリー計算が簡単にできるWebツールです。

難しい操作はなしで、検索ボックスに食材・食品を入力するだけで、カロリーや栄養成分がすぐにわかります。

3,500種類以上の食品データが登録されている
(引用:Slismウェブサイト)

なお、Slim(スリム)ではなく、Slism(スリズム)なのでご注意を。

カロリーSlism(スリズム)の特徴

カロリーSlism(スリズム)の特徴は、次の6つです。

  • 3,500種類以上の食品データが登録されている
  • 1食分のカロリーがわかる
  • 「総カロリーと三大栄養素」「PFCのバランス」がグラフでわかる
  • 栄養成分がグラフでみれる
  • カロリーを消費するための運動量がわかる
  • 食品データは文部科学省の日本食品成分表にもとづいている

それぞれ解説していきます。

3,500種類以上の食品データが登録されている

カロリーSlismには、3,500種類以上の食品データが登録されています

たとえば、「ラーメン」と検索すれば、次のように20種類以上の結果が表示されます。

  • 中華麺、カップラーメン、五目ラーメン、醤油ラーメン、冷やし中華、味噌ラーメン、塩ラーメン、ラーメンサラダ、麻婆麺、高菜ラーメン、ラーメン雑炊、ざるラーメン、もやしラーメン、ネギラーメン、カレーラーメン、あんかけラーメン、トマトラーメン、タンメン、チャーシュー麺、ちゃんぽん、ワンタンメン、など
3,500種類以上の食品データが登録されている
(引用:Slismウェブサイト)

かなり細かく種類分けがされているので、知りたい食品データが見つかりやすいです。

1食分のカロリーがわかる

ふつうのウェブ検索で食品のカロリーを調べると、「100gあたりのカロリー」が表示されることが多いんですね。ただこれだと、1食分のカロリーがわからないので不便です。

カロリーSlismなら、「1食分のカロリー」と「100gあたりのカロリー」の両方が表示されるので使いやすいです。

1食分のカロリーがわかる
(引用:Slismウェブサイト)

また、複数の食材・食品の合計カロリーも簡単に見ることができます。

「総カロリーと三大栄養素」「PFCのバランス」がグラフでわかる

カロリーSlismでは、「総カロリーと三大栄養素」が、1食あたりの目安量に対して、グラフで表示されます。(1食あたりの目安量は、18~29歳の女性で、1日の必要エネルギーを1,800kcalとして算出されています。)

食べすぎなのか、もう少し食べても良いのかが、ひと目でわかるので便利です。

「総カロリーと三大栄養素」「PFCのバランス」がグラフでわかる
(引用:Slismウェブサイト)

また、PFCバランスもグラフで見ることができます

効果的にダイエットをするためには、正しいPFCバランスで食事をすることが不可欠なので、便利な機能です。

栄養成分がグラフでみれる

さらに、主要な栄養成分も、1食あたりの目安量に対して、グラフで見ることができます

ダイエットに関していえば、「食物繊維」が足りているかどうかを確認できるのは良いですね。

栄養成分がグラフでみれる
(引用:Slismウェブサイト)

カロリーを消費するための運動量がわかる

カロリーSlismでは、検索した食品のカロリーを消費するための運動量も表示されます

たとえば、ラーメン(中華麺)だと、次のような運動量が表示されます。

  • ウォーキング129分、ジョギング77分、自転車49分、水泳49分、エアロビクス60分
カロリーを消費するための運動量がわかる
(引用:Slismウェブサイト)

このように、食品のカロリーを運動量で表示してくれると、摂取カロリーに対して意識的になれるので、「食べすぎを控えておこう」と冷静に考えることにつながります。本気でダイエットをしたい方にとっては役に立つ機能です。

食品データは文部科学省の日本食品成分表にもとづいている

カロリーSlismの食品データは、文部科学省の日本食品成分表にもとづいているので、信頼性の高いデータといえます。(参考:文部科学省 日本食品標準成分表

カロリーSlismのデメリット

カロリーSlismは、かゆいところに手が届く便利なWebツールですが、一方でデメリットもあります

スマホアプリがない

デメリットの1つはスマホアプリがないことです。

Google ChromeやSafariなどのウェブブラウザで、お気に入りに登録しておくのが良いでしょう。

ウェブサイトに広告がやや多い

デメリットの2つ目は、ウェブサイトに広告が多いことです。

これはある意味仕方ないといえます。カロリーSlismは無料ツールです。世の中にあるWebの無料ツールには、広告が貼られていることがほとんどです。

広告は無視すれば、カロリーSlismを使うのに、そこまで不都合はありません。

ダイエットを成功させるカロリーSlism(スリズム)の活用方法:4ステップ

カロリーSlismを、ダイエットに活用する方法は、次の4ステップです。

  • ダイエットの目標体重を決める
  • 1日の必要カロリーを計算する
  • いつもの食事のカロリーを計算する
  • 食事量を調整して、カロリーをコントロールする

順番に解説していきます。

ダイエットの目標体重を決める

まずは、ダイエットの目標体重を決めましょう。

ダイエットの目標体重を決めるには、BMI(Body Mass Index:ボディマス指数)が参考になります。

BMIとは、「体重(kg)÷ 身長(m)の2乗」で算出される数値のことです。「肥満なのか、痩せすぎなのか」を判断するために使います。(参考文献:Physiology, Body Mass Index

BMIは「25〜18.5」で、普通体重とされています。(参考:厚生労働省 e-ヘルスネット BMI

ダイエットが目的であれば、BMI 22あたりを目安にして、目標体重を決めるのが良いでしょう

より詳しくは、こちらの記事を参考にしてみてください。

美容体重でどれだけスリムな見た目になれる?理想体重の決め方
美容体重でどれだけスリムな見た目になれる?理想体重の決め方

あなたの身長だと、どこまで体重を減らせば見た目として理想的か?この記事では、スリムな見た目になる「美容体重」と「その計算方法」について詳しく解説しました。

続きを見る

1日の必要カロリーを計算する

次に、目標体重にあわせて、1日の必要カロリーを計算します。

計算方法については、厚生労働省による「体重1kgあたりの推定エネルギー必要量」が参考になります。

「身体活動レベル」と「年齢」にあわせて、あなたの推定エネルギー必要量を確認しましょう

体重1kgあたりの推定エネルギー必要量
 男性女性
身体活動レベル
18~29歳35.5 kcal41.5 kcal47.4 kcal33.2 kcal38.7 kcal44.2 kcal
30~49歳33.7 kcal39.3 kcal44.9 kcal32.9 kcal38.4 kcal43.9 kcal
50~64歳32.7 kcal38.2 kcal43.6 kcal31.1 kcal36.2 kcal41.4 kcal
65~74歳31.3 kcal36.7 kcal42.1 kcal30 kcal35.2 kcal40.4 kcal
75歳以上30.1 kcal35.5 kcal29 kcal34.2 kcal
身体活動レベル
Ⅰ(低い)生活の大部分が座位で、静的な活動が中心の場合
Ⅱ(ふつう)座位中心の仕事だが、職場内での移動や立位での作業・接客等、通勤・買い物での歩行、家事、軽いスポーツ、のいずれかを含む場合
Ⅲ(高い)移動や立位の多い仕事の従事者、あるいは、スポーツ等余暇における活発な運動習慣を持っている場合

(参考:厚生労働省 日本人の食事摂取基準

「体重1kgあたりの推定エネルギー必要量」が確認できたら、目標体重をかけ算します

これであなたの「1日の必要カロリー」が算出できます。

なお、算出した必要カロリーは、あくまでも「推定」です。個人差がありますので、実際には、体重の増減を見ながら、必要カロリーを柔軟に調整していくことが大切です。

いつもの食事のカロリーを計算する

1日の必要カロリーがわかったら、次は、カロリーSlismを使って、いつもの食事のカロリーを計算してみましょう。

このときのコツは、細かく計算しすぎないことです。あなたがよく食べる食事を中心に、ザックリとカロリーがわかればOKです。

食事量を調整して、カロリーをコントロールする

ふだんの食事のカロリーがわかったら、食事量を調整していきましょう。

食事量を調整するときのコツは、やみくもに食事量を減らすのはなく、PFCバランスを意識しながら、太りやすい食品を置きかえていくことです。

PFCバランスについては、こちらの記事を参考にしてみてください。

ダイエットの成否はPFCバランスで決まる!理想の割合の計算方法
ダイエットに理想のPFCバランス(割合)と1日の必要カロリー

ダイエットの成否は食事のPFCバランスで決まるといっても過言ではありません。しかし、ダイエットにお悩みの方はPFCバランスが崩れていることが多いです。この記事では「ダイエットに最適なPFCバランス」と「その計算方法」について解説しました。

続きを見る

まとめ

カロリーSlismは、食品のカロリーがサクッと計算できる便利なWebツール。

カロリーSlismには、次のような特徴があります。

  • 3,500種類以上の食品データが登録されている
  • 1食分のカロリーがわかる
  • 「総カロリーと三大栄養素」「PFCのバランス」がグラフでわかる
  • 栄養成分がグラフでみれる
  • カロリーを消費するための運動量がわかる
  • 食品データは文部科学省の日本食品成分表にもとづいている

カロリーSlismをダイエットに活用する方法は、次の4ステップです。

  • ダイエットの目標体重を決める
  • 1日の必要カロリーを計算する
  • いつもの食事のカロリーを計算する
  • 食事量を調整して、カロリーをコントロールする

カロリーがコントロールできれば、ダイエットの成功にグンと近づきます。

ぜひ、カロリーSlismを活用してみてください!

あなたのダイエットを強力にサポートする食品・サービスをご紹介

世の中にはたくさんのダイエット商品がありますが、本当に効果があるものは、数少ないです

ここでは、現役トレーナーである筆者が「本当におすすめできる!」と考えるダイエット食品・サービスを厳選してご紹介します。

置き換えダイエットをラクにするなら「ベースブレッド」

ベースブレッドとは?
引用:BASE FOOD 公式サイト

置き換えダイエット」は、うまくやれば、高いダイエット効果が期待できます。

ですが、置き換えダイエットにはデメリットもあって、選ぶ食品を間違えると「味気なくて、お腹も空いて、続けるのがツラい」ということです。たとえば、よく選ばれるのは、こんにゃく麺、サラダチキン、スムージーなど。

そこで、ご紹介したいのが「ベースブレッド」です。

ベースブレッドとは、1食で1日に必要な栄養素の1/3がとれる「完全栄養のパン」のことです全粒粉や大豆など10種類以上の原材料がブレンドされており、おいしいさと高い栄養価の両方が実現されています

ずっしりと食べごたえがあって、食後の満足感が高いので、置き換えダイエットをラクにしてくれます。そして何より、おいしいので、飽きずにダイエットを続けられます

こんにゃく麺、サラダチキンへの置き換えは「もうイヤ」という人にオススメです!

運動したいけど、ジムに行くのはめんどう?それなら自宅で「オンラインフィットネス」

オンラインフィットネスとは?

ジムに通うのは大変ですよね。まず、時間がとられます。

準備して、移動して、ジムで汗を流して、帰ってきて、トータルすると2~3時間はかかります

それから、料金も安くはありません。最近だと密も気になります

そこで、おすすめなのが「オンラインフィットネス」。

オンラインフィットネスなら徒歩0分部屋着・すっぴんでもOK日常のちょっとしたスキマ時間に、自宅でサクッと、人気インストラクターのレッスンが受けられます

ジムに通うのと比べて、料金もかなり安いです。また、人目を気にしなくていいので気楽です。

体型維持のためには、何かしらの運動習慣は不可欠です。

オンラインフィットネスを検討してみてはいかがでしょうか?

自炊を時短して、食べて痩せたいなら「ダイエットの宅配弁当」

ダイエットの宅配弁当とは?

ダイエットのために栄養バランスを考えて自炊をするのは簡単ではないですよね。忙しかったり疲れてたりしてて、自炊ができないときもあります。

でも、コンビニやスーパーのお弁当だと、どうしても高カロリー・高糖質・たんぱく質不足になりがちです。

そこで、おすすめなのが「ダイエットの宅配弁当」。

ダイエットの宅配弁当なら、「低カロリー・低糖質・高たんぱく」のお弁当を、レンジでチンするだけで食べられます。

メニューのバリエーションも豊富で、味もなかなか美味しいです。

自炊の時間を短縮させて、楽にダイエットしたい人にオススメです!


シェアで応援してもらえると励みになります!

おすすめ記事

太るは間違い!ベースブレッドのダイエット効果3つと上手な食べ方 1

ベースブレッドは栄養価が高く食べごたえがあるので、「太るかも?」と心配になるかもしれませんが、そんなことはありません。ダイエットの強い味方になってくれる食品です。この記事では、現役トレーナーがベースブレッドのダイエット効果を徹底解説しました。

自炊せずに食べてやせる!ダイエットの宅配弁当おすすめ8選 2

ダイエットに効果的な栄養・PFCバランスの食事が手軽に食べられる「ダイエットの宅配弁当」の人気が高まっています。この記事では「おすすめのダイエット宅配弁当8選」と「食べ方のコツ」をご紹介します。

食物繊維でやせる!おいしい野菜宅配サービスのおすすめ3選 3

ダイエットに野菜・食物繊維は不可欠です。しかし、ダイエットにお悩みの方はとくに食物繊維が不足しがちです。この記事では、野菜・食物繊維の不足を解消する方法として「おいしい野菜宅配サービス」をご紹介します。

ダイエットサプリで痩せるは嘘!大規模研究が示す結果は「痩せない」 4

ダイエットサプリメントは本当に効果があるのでしょうか?安全性は?最新の研究では、ダイエットサプリメントの安全性と効果については科学的根拠が不十分、とする結論がでています。この記事では、ダイエットサプリメントの実態について詳しく解説しました。

ここを選べば失敗しない!厳選おすすめのオンラインフィットネス3選 5

在宅の時間が増えるなか、自宅にいながらフィットネスのレッスンが受けられる「オンラインフィットネス」の人気が高まっています。この記事では、厳選したおすすめのオンラインフィットネスをご紹介します。

美容体重でどれだけスリムな見た目になれる?理想体重の決め方 6

あなたの身長だと、どこまで体重を減らせば見た目として理想的か?この記事では、スリムな見た目になる「美容体重」と「その計算方法」について詳しく解説しました。

-その他